岩手県奥州市・一関市拠点とし、岩手・宮城・秋田・山形に『安心』『安全』『快適』な布団リフォームをご提供

羽毛布団の取扱について

  • HOME »
  • 羽毛布団の取扱について

 

羽毛布団の取扱について

末永く、快適にお使いいただくための取り扱い方法をご紹介致します。
 
収納方法
日干しをしてから、小さく畳んで軽く押さえ、湿った空気を押し出し、お買い上げの際の専用バッグ(不織布)に入れて保管して下さい。
また、防虫剤を布団の間に入れて下さい。防虫剤は臭いのつかないピレスロイド系をお勧めします。
バッグがない場合は、密閉せずに(ビニール袋に入れないで)シーツ等の通気性の良いもので包んで下さい。
収納場所は、押入れの上の段等、なるべく湿気の少ない場所がお勧めです。
 
干し方
他の布団の様に頻繁に干す必要はありませんが、保温性を高めたり、日光消毒のために月に1~2回、1時間から2時間程度、風通しの良い日陰に干して下さい。
日干しする場所は、布団生地の色あせを防ぐため、カバーをかけたまま干しましょう。
取り入れる際は、布団を強く叩かず、ホコリをはらう程度にして下さい。羽毛が飛び出す原因になります。
 
クリーニングや丸洗いは?
カバーを掛けてお使いになれば、そんなに頻繁にクリーニングする必要はありません。
しかし、長くご使用になる間に側生地の汚れが気になってきたら、水による丸洗いをすることが出来ます。
ただし、ドライクリーニングは側生地の痛みは少ないものの、羽毛のかさ高の復元はいまひとつです。
水による丸洗いは汚れ落ち、かさ高の復元には効果的です。
是非、当店にご用命ください。
 
カバーについて
カバー・シーツは衛生上こまめに選択して下さい。
羽毛布団の仕上がりサイズに合わせて、上質で柔らかい素材(綿がお勧めです)のカバーを使って下さい。
内側にボタンや紐のついたカバーと布団のループ(輪)とセットして頂ければズレもなく、側生地の痛みや汚れも防げます。
尚、吹き出しの原因となりますので、布団に襟カバーやタオル等の縫い付けは絶対に避けて下さい。
 
寒い時は?
羽毛布団カバーをして直接体の上に使用すると、より暖かく感じるでしょう。
それでも寒い場合は、毛布やタオルケットを羽毛布団の上に重ねるか、羽毛肌掛け布団等を組み合わせてご使用下さい。
 
ニオイについて
購入当初(オゾンの臭い)やビニール等の通気性のないものに入れて保管すると臭いがすることがあります。
これはお使いになるうちに自然に消えていくので心配はありません。
また、干して頂く等、外気にさらすと比較的早く消えます。
一度布団を丸める等して、中の空気を抜いてから干すと効果的です。
 
リフォームについて
当社では、古くなった羽毛布団にはリフォームをお勧めしています。
布団リフォームは、羽毛布団を単に丸洗いするだけでなく、解体・除塵(じょじん)・洗浄・殺菌・脱臭・乾燥・新しい側生地に吹き込み等プロセスを経て、お手持ちの羽毛布団を新品同様に蘇らせます。
 
詳しくはこちらからを御覧ください。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 0120-870-143 受付時間(日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
Copyright © 株式会社はなまるリビング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.